社員が内定者に自分の部署をPR

IT機器リサイクル事業を展開しているリングロー株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役:碇敏之、以下、リングロー)では、2016年10月3日に、「内定者が“認める”ふつうの内定式」を行い、2017年度入社の内定者4名を迎え入れました。今回は、新たな試みである「部署勧誘」を実施しました。

「内定者が“認める”ふつうの内定式」について

リングローでは、2016年10月3日に、2017年入社予定の内定者4名を迎え入れる「内定者が“認める”ふつうの内定式」を池袋本社にて実施しました。なるべく多くの社員が参加できるよう、開始時刻を定時(18時)後である19時とし、総勢43名の社員が参加しました。

「内定者が“認める”ふつうの内定式」とは、形式だけの堅苦しい式ではなく、内定者が「面白かった」「グッときた」「仕事に対してワクワクする」と“認める”内定式を目指した、リングローの新たな取り組みです。また、そういった考え方がリングローにとっての“ふつう”であるという意味合いも含まれています。

そこで今回は、「部署勧誘」を実施しました。「入社後にうちの部署に来てほしい!」という熱意を伝えるべく、各部署が持ち時間約3~10分で部署PRを行うという試みです。発表形式は自由で、一般的なプレゼンテーションソフトを使う部署もあれば、パソコンの遠隔操作を使ったプチ演劇を披露する部署、お客様への電話サポート業務を実演する部署など、バラエティーに富んだ勧誘となりました。

a%c2%86%c2%85a%c2%9aa%c2%bc%c2%8f1

▲ダチョウ倶楽部のものまねを入れた営業チーム

a%c2%86%c2%85a%c2%9aa%c2%bc%c2%8f2

▲某有名進学塾の講義風に説明を行った総務チーム

a%c2%86%c2%85a%c2%9aa%c2%bc%c2%8f3

▲先見性を披露するために将棋を指した経理チーム

a%c2%86%c2%85a%c2%9aa%c2%bc%c2%8f4

▲山形・マレーシアなど離れた部署はビデオ通話で参加

a%c2%86%c2%85a%c2%9aa%c2%bc%c2%8f5

▲内定者から社員へお酌をする「乾杯の宴」も実施

リングロー内定式1

▲内定者4名と中途入社の社員1名を迎え入れました

 

終了後、内定者からは、「まだ関わりも少ない中、自分のことをよく見てくれていると感じた」「自分たちのためにたくさん準備してくれていたということが伝わった」「説明が長くて少し分かりにくい部署もあった」「サークル勧誘のようで飽きずに話を聞けた」「各部署の個性が出ていて面白かった」という感想がありました。

「部署勧誘」の意図とは?(代表取締役 碇敏之のコメント)

意図は大きく2点あります。

 

1つは、本当の意味で“内定者のための”内定式を行いたかったからです。今までの内定式は形式張っていて、会社側の都合で式を行い、内定者はただ緊張していたように見えました。あと半年学生生活が残っている内定者たちが、仕事に対して「働くのが楽しみだな」とプラスに捉えられるよう、実際に現場で働く社員たちが自らの部署をPRすることによって、わかりやすく、かつ、働く姿をイメージしてもらいやすいよう考案しました。

 

もう1つは、既存社員の採用への意識向上のためです。入社してくる新人に対し“自分たちが採用した”という自覚と責任を持たせたいと考えました。リングローは2010年度より新卒採用を始め、当時は各社員が日々の業務と平行しながら採用活動を行っていましたが、2013年4月に人事部を設置し専任の社員ができたことにより、他の社員が採用活動に関わる機会はめっきり減りました。「部署勧誘」をするためには、内定者のことを考え準備する必要があり、各社員が採用に関わるきっかけになると考えました。

 

今後は、初の実施であった今回の反省を踏まえ「内定者が“認める”ふつうの内定式」をグレードアップさせていきます。また、別の形でも、全社員参加型の採用活動ができる施策を実施していこうと考えています。

会社概要

2001年7月に有限会社リペアシステムサービスとして設立。代表は元漁師で子ども6人を養っている碇敏之。主力事業は中古パソコンの販売・修理・買取。これまでにリユースしたパソコン台数は1000万台を超える。2008年、埼玉県子育て応援宣言企業加入、2015年、東京都公安委員会の事務機器商許可、ネパール地震義援金寄付。リサイクルの概念と平等なIT展開が世界中に広がることを理念として積極的な活動を続けている。また、2016年4月より「人を育てる福利厚生」を提唱。

 

名称:リングロー株式会社

代表取締役:碇敏之

本社所在地:〒171-0014 東京都豊島区池袋2-77-5フォーラム・アイエス4階

事業内容:中古パソコンの販売・修理・買取

URL:http://test.ringrow.co.jp/

 

報道関係者お問い合わせ先

担当:広報課 楢木(ならき)

TEL:03-5944-8866

FAX:03-5944-8682

E-mail: pr-contact@ringrow.co.jp